横浜岡田屋防災グッズ通販専門サイトは自治体・企業から家庭まで、役立つ防災対策情報を発信します。

フリーダイヤル0120-59-4874

受付時間 10:00-18:00(土日祝日・年末年始を除く)

【災害備蓄をご検討の方へ】備蓄の目安(保存水・トイレ編)

備蓄の目安(保存水・トイレ編)

【災害備蓄をご検討の方へ】備蓄の目安(保存水・トイレ編)

日本は地震・台風・津波・風害等災害の多い国です。
いざという時の為にどれくらい備えておけば良いのでしょうか。

最低限の備えとして各種備蓄の目安をお伝えさせて頂きます。

保存水

災害時、備蓄しておくべき飲料水の量はどれくらいかご存じですか?

災害用として必要な水分量をストックしておくことが肝心です。
1日に必要な水分摂取量は、年齢と体重によっても異なりますので、まず1日に必要な水分量を計算してみましょう。

■ 1日に必要な水分量/体重1kg当たり
乳児 120〜150ml
幼児 90〜100ml
学童 60〜80ml
成人 40〜50ml

体重60kgの場合(50mlで計算すると)

体重60kg×1kg当たり50ml=1日に必要な水分量3,000ml

最低でも3日分、できれば7~10日分の備蓄をおすすめしています。

取り扱い保存水一覧のご確認

 

 

トイレ

災害用トイレの備蓄量は?

災害用トイレは衛生面的にも1回使用するたびに処理しないといけないので、まず必要な災害用トイレ処理セットの計算をしてみましょう。

使用回数は個人差がありますが、1日1人5回トイレを使用すると仮定して

1日5回 × 想定人数 × 備蓄日数 = 必要な災害用トイレ処理セット数

必要な災害用トイレ処理セットが分かったら、処理方法、数量など最適な商品をご検討下さい。

最低でも3日分、できれば7~10日分の備蓄をおすすめします。

取り扱い災害用トイレ商品一覧のご確認

 

 

各種商品のお問い合せについて

PDFでFAXお見積りご希望の方はこちら
ExcelでFAXお見積りご希望の方はこちら

株式会社横浜岡田屋 商事部
TEL : 045-311-2059  FAX : 045-324-1633
E-Mail : info@okadaya-bousai.com
受付時間 : 10時〜17時(土・日・祝日は除く)

この記事をシェアする

最新のお知らせ