災害備蓄品は、どのくらいの数量を備えればよいでしょうか? – 横浜岡田屋防災グッズ通販専門サイト 防災対策ナビ

横浜岡田屋防災グッズ通販専門サイトは自治体・企業から家庭まで、役立つ防災対策情報を発信します。

フリーダイヤル0120-59-4874

受付時間 10:00-18:00(土日祝日・年末年始を除く)

災害備蓄品は、どのくらいの数量を備えればよいでしょうか?

自治体などで言われていますが、遮断されていたライフライン(電気・ガス・水道・道路)が復旧するまでに、基本的には3日間かかると想定されています(災害の大きさによります)。

したがって、オーソドックスな備蓄として、朝、昼、晩を3日間で掛けた9食分を用意しているケースが多いようです。なお、備蓄に充分な量は地域の環境によって異なる場合もありますので、よく考慮する必要があります。

この記事をシェアする

月別のお知らせ

最新のお知らせ

月別のお知らせ