横浜岡田屋防災グッズ通販専門サイトは自治体・企業から家庭まで、役立つ防災対策情報を発信します。

フリーダイヤル0120-59-4874

受付時間 10:00-18:00(土日祝日・年末年始を除く)

防災備蓄品の個人管理

企業の防災備蓄品についてどのように管理していますか?

防災備蓄品の個人管理

個人管理

防災備蓄品の営業を続けていると今までと異なった形で備蓄を考えている企業が増えていることに気付きます。

一般的には従業員数を基本に防災備蓄品の数量を決め倉庫に備蓄しているパターンが普通ですが最近では従業員がある程度の個人分を管理する形を取っている企業が増えています。
その理由としては三つのことが原因になります。

一つ目は、防災備蓄品を備蓄している場所が無駄であると言う、スペースの有効利用。

二つ目は、災害時従業員に備蓄品を配る手間を減らすため。

三つ目は、個人に防災意識を持ってもらうため。

形式としては机の引き出しに入るA4サイズの段ボールに、ある程度の食料と水、防寒用具、持運び用のリュックサックを入れて管理させる。
または、事務所単位で棚を設置して収納するなどが見受けられます。

何方にしても防災備蓄品を、ただ災害時に使用するものと捉えず防災意識を持たせるために工夫している企業が増えているようです。

この記事をシェアする

最新のお知らせ