防災用品は、会社の会計上の処理は、どのような科目になるのでしょうか? – 横浜岡田屋防災グッズ通販専門サイト 防災対策ナビ

横浜岡田屋防災グッズ通販専門サイトは自治体・企業から家庭まで、役立つ防災対策情報を発信します。

フリーダイヤル0120-59-4874

受付時間 10:00-18:00(土日祝日・年末年始を除く)

防災用品は、会社の会計上の処理は、どのような科目になるのでしょうか?

会社の業種・業態、さらには、ご購入の目的により会計処理は異なってまいります。ですので、一概に言える事ではありませんが、例としては、下記のような場合が挙げられます。

従業員に配布する場合
厚生費(個別に与える場合は給与)
他社に売却する事を目的として購入する場合
商品
被災地に送る場合
寄付金
社内で貯蔵する目的で購入した保存食
管理費(保存目的のため、購入し保存しておく事で目的が達成されるため、費用となります)
その他社内に貯蔵する目的で購入する備品
10万円以下の少額減価償却資産の適用(令133)により費用で落とす事ができる。
この記事をシェアする

月別のお知らせ

最新のお知らせ

月別のお知らせ